スポンサーリンク

国土交通省発表(冬期におけるトレーラのブレーキ引き摺りによる火災にご注意!)

国土交通省 注意喚起情報   2011/11/30

注意情報
トレーラ火災


トレーラ

火災事故4件報告
冬期のトレーラ、ブレーキ引き摺りによる火災に注意!



【内容】
平成23年1月に、国土交通省に対し、トレーラ火災情報が4件寄せられた。

〔原因〕
事案を調査・分析した結果、
リレー・エマージェンシー・バルブ内に水分があると、
気温の下がる冬期に水分が凍結し、当該バルブ内のピストンが固着することにより
ブレーキが作動し続け、ブレーキの引き摺りが発生して火災に至ることが判明した。


【対策】
一般社団法人日本自動車車体工業会から、
ホームページへの注意喚起の掲載やチラシの配布等、
点検整備について注意喚起を実施すると報告があり、
国土交通省は、気温低下の冬期にむけて、
以下に掲げる事項について、社団法人全日本トラック協会など、
自動車関係団体及び地方運輸局に対して注意喚起に関する協力依頼を行い、
広くユーザーに知らせるため、国土交通省ホームページにおいて、
当該不具合に係る注意事項を掲載した。

【冬期のトレーラ火災の未然防止に関する注意事項】

@ 法律に定められた点検整備を確実に実施する
A 冬期においては以下に掲げるブレーキ機器の点検整備を徹底する
   (1)エア・タンク内の水分の有無の点検及び除去
   (2)エア・ドライヤの点検整備(乾燥剤やフィルターなどの定期交換等)
   (3)リレー・エマージェンシー・バルブ内の水分の有無の点検及び除去
B その他、トレーラ製作者の整備要領等に従って点検整備を確実に実施すること


【注意喚起情報掲載ページ】
・国土交通省
・一般社団法人日本自動車車体工業会
・社団法人全日本トラック協会
http://www.jabia.or.jp/userfiles/relayvalve%281%29.pdf


Adobe Acrobat Reader
PDF形式ファイルを見るには、Adobe Acrobat Readeが必要。
取得していない方は、上記アイコンをクリックし、ダウンロード(無償)してください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/238030727
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank